認知症ケア専門士公式サイト
「認知症ケア専門士」とは認知症ケアに対する優れた学識と高度の技能、および倫理観を備えた専門技術士を養成し, わが国における認知症ケア技術の向上ならびに保健・福祉に貢献することを目的として設立された 一般社団法人日本認知症ケア学会認定の資格です.

■専門士全国分布図 (2020年10月現在)

クリックで拡大

■認定試験合格状況
催年 受験者数 合格者数 合格率(%)
第15回試験 (2019年) 5,502 2,651 48.2
第14回試験 (2018年) 5,063 2,769 54.7
第13回試験 (2017年) 6,029 3,266 56.5
第12回試験 (2016年) 7,467 3,983 49.3
第11回試験 (2015年) 7,319 4,375 59.8
第10回試験 (2014年) 6,295 3,365 53.5
第9回試験 (2013年) 7,533 3,715 49.3
第8回試験 (2012年) 9,070 4,419 48.7
第7回試験 (2011年) 8,046 3,395 42.2
第6回試験 (2010年) 9,282 4,188 45.1
第5回試験 (2009年) 11,214 6,034 53.8
第4回試験 (2008年) 8,498 5,032 59.1
第3回試験 (2007年) 6,848 3,016 44.0
第2回試験 (2006年) 5,313 3,449 64.9
第1回試験 (2005年) 5,121 2,445 49.4
■専門士保有資格(2020年10月現在 重複含む)